記事
ドラマ『ボーン・アゲイン(仮)』チン・セヨン、ヒロイン確定
2020.02.03

韓国の記事にセヨンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>
ドラマ『ボーン・アゲイン(仮)』チン・セヨン、ヒロイン確定


©Earlybird ENTERTAINMENT

ドラマ『ボーン・アゲイン(仮)』にチン・セヨンがヒロインとして出演が確定し、
期待のラインナップを誕生させた。

KBS 2TV新月火ドラマ『ボーン・アゲイン(仮)』は、
二度の人生で絡み合った3人の男女の運命と復活を描く
転生ミステリーラブストーリーとして来る4月の初放送を控えている。

まず、チャン・ギヨンとイ・スヒョクが出演を確定し注目を集めた中、
チン·セヨンの合流で、さらにわくわくするコンビネーションを完成させ、
この3人のロマンスを待ち遠しくさせる。

チン・セヨンは劇中、チョン・ハウンとチョン・サビンという2人のキャラクターを演じる。
チョン・ハウンは1980年代の古本屋「古い未来」の店主で、
拡張性心筋症を患い、いつ死ぬか分からない運命を持って生まれた。
現世を生きる骨の考古学講師であるチョン・サビンは、名もない遺骨を温かく労り、
彼らの事情と秘密を復元しなければ気が済まない性格の持ち主だ。

2人はそれぞれ異なる魂を持ったかもしれないが、時代を超える共通点がある。
それは、温かく純粋な心臓を持ったということだ。
店の客全員を大切な友達として接しながら癒すチョン・ハウンと、
どんなにひどい心も溶かす澄んだ目を持ったチョン・サビン、
絡み合った関係の2人の運命がどのように流れていくのか好奇心を刺激する。

それだけでなく、初恋を想起させるチン·セヨンならではの雰囲気と、
善良な瞳、人を笑顔にさせるポジティブなエネルギーが自然に調和し、
さらに高い没入度を披露する予定だ。

ドラマ『ボーン・アゲイン(仮)』の制作陣は、
「チン・セヨンが生まれつき持った純粋さはチョン·ハウンと、
たくましくポジティブなエネルギーはチョン·サビンに似ている。
また、チャン・ギヨン、イ・スヒョクとの出会いがどんなケミストリーを生み出すのか、
初放送まで多くの関心と期待をお願いします」と伝えた。

チン・セヨン、チャン・ギヨン、イ・スヒョクの絵画のようなビジュアルで、
視聴者を夢中にさせるKBS 2TV新月火ドラマ『ボーン・アゲイン(仮)』は、
来る4月に初放送される。

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

リストに戻る